「ガーリックブレット」探訪記

2016年08月19日

「いらっしゃい。元気だった?」
いつも優しい言葉で迎えてくれるお母さん。
パン屋さんに、イートインの座席が10席ほどあるバーデンバーデン(ムカヰベーカリー)の山田町支店(横浜市中区)。

座席は、いつも常連さんで一杯。毎日モーニングを食べにやってくる方もいると言う。

お母さんは、パン作り50年。今はパン製造は息子さんたちに譲って現在は、山田町支店を切り盛りしている。

創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデンバーデン(ムカヰベーカリー)の「ガーリックブレッド」

「バーデンバーデン」は、創業80年を越える老舗のパン屋さん。
「先代(お母さんのご主人)がドイツパンが大好きでムカヰベーカリーという名前に加えてドイツにちなんだ名前をつけたの。」
「先代は、職人肌で研究熱心で、いろいろなパンを創り出したの。そのひとつが、私が一押しのガーリックブレットよ。」

バーデンバーデン(ムカヰベーカリー)の山田町支店(横浜市中区

「バーデンバーデン」は、パンの種類が豊富だ。
食パン・菓子パン・サンドイッチ・・・。その中でもこの店の看板になっているのが「ガーリックブレッド」である。

食パンの真ん中にガーリックとパセリが練りこんだバターが入っている。食パンの周りにはゴマがトッピングされていて、冷凍の状態で販売されている。

創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデンバーデン(ムカヰベーカリー)の「ガーリックブレッド」
創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデンバーデン(ムカヰベーカリー)の「ガーリックブレッド」
 
創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデンバーデン(ムカヰベーカリー)の「ガーリックブレッド」
創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデンバーデン(ムカヰベーカリー)の「ガーリックブレッド」
 

「うちの食パンは、総裁賞をとるほどの美味しさでしょう。それに北海道十勝の生乳から作られ、味には定評のある四つ葉バターをたっぷり入れて、ガーリック(にんにく)にもこだわっているし、添加物なしだし、これ以上のものはどこにもないはずよ。」とお母さんの説明は続く。

「冷凍状態になっているので、日持ちするから全国各地にファンがいるの。昨日も九州の方に20本ほど送ったところよ。」

ガーリックブレッドは1斤が17Cm。6個に分かれるように切れ目が入っている。
お店でもお願いすれば、オーブントースターで焼いてもらえる。

焼き方のコツをお母さんに伺うと・・・。
「簡単よ。オーブントースターで焼けばいいだけ。フライパンでも大丈夫よ。」

焼き立ては、サクサクとして食べやすい。
四つ葉バターがふんだんに入っていてガーリックの匂いがほのかにする。
ゴマも洒落た味をだしている。優しい味なので、お子さんたちも食べられる。
コーヒーとの相性もよく、2~3切れはすぐに食べられる。

冷凍保存なので、自宅に用意しておけば、ホームパーティーや友達とお茶をするときに、すぐ出すことができる。
休日の朝食にもいいかも・・。いつもの食卓に、ちょっとした高級感を出すことができる。

こだわりの「ガーリックブレット」を前にして、様々な場面を思い浮かんできた。

多くの方々に味わっていただきたい「逸品」である。

横浜の老舗のパン屋さん “ムカヰベーカリー” のガーリックブレッドをオンラインショップでご提供しております。
是非ともお買い求めいただければと思います。
http://otoriyose.yokohama/osusume/199.html