オレンジカーテン

2016年11月29日

塩山駅北口前の甘草屋敷(重要文化財)にもオレンジのカーテン。 カメラを持った人たちがたくさん訪れます。

塩山駅北口前の甘草屋敷(重要文化財)にもオレンジのカーテン。
カメラを持った人たちがたくさん訪れます。

この時期、私の住む甲州市では至るところオレンジのカーテン。
その正体は…

干し柿!
このあたりでは『ころ柿』といいます。
甲州百目という大きな渋柿の木がたーくさん。
ひょっとすると、甘柿の木のほうが少ないかもしれません。
この『ころ柿』は年末の贈答用にも使われるくらい立派な干し柿になるんです。

我が家の庭の前は、地主さんの柿畑。
(だんだんと実が色づいてくるとワクワクします。

収穫前の柿の木

収穫前の柿の木

穫後、先日の雪の翌日

穫後、先日の雪の翌日

葡萄や桃の農家さんで、ころ柿も栽培している方も多く、冬を迎える前にもう一仕事といったところでしょうか。
農家さんでなくても、自宅の軒先に少しずつ干している風景もよく見かけるので、鮮やかなオレンジが目に飛び込んできて嬉しい気持ちになります。

こちらに移住してから毎年、我が家でも自家用分に干していたのですが、今年は忙しくなってしまって一旦お休み。
屋根のある洗濯物干し場で干していたので、毎朝、洗濯物を干しながら柿の様子を眺めるのがこの時期の日課だったのでちょっと残念だけれど、また来年の楽しみに。

機会があったら是非食べてみてください!
そのまま食べてももちろん、天ぷらにしたり、クリームチーズとあわせたり、色々と楽しめます。

最後に、甘草屋敷で撮ったお気に入りの写真です。
(特に裏側がお気に入り)

ころ柿の表と裏(表)

ころ柿の表と裏(表)

ころ柿の表と裏(裏)

ころ柿の表と裏(裏)

よろこびと
(2016.11.29 朔)