手放してゆくこと

2016年12月29日

絞りたての醤油。みんな手をのばしてペロペロと味見をする瞬間は感動ものです。

絞りたての醤油。
みんな手をのばしてペロペロと味見をする瞬間は感動ものです。

21日に冬至をむかえ、夏至に向かって一日一日と陽の時間が増えていきますね。
まだまだこれからぐっと寒くなるけれど、なんとなく気持ちが明るくなるような氣がします。

冬至の前日、ふと思い立って衣類の整理をしました。
一つ一つ手に取って見極める。
なんと、45L袋 x 3つも今の私には必要のなくなったものたちが出てきました。
袋2つはありがとうと言って処分をして、1つは必要な誰かのもとへ。

20代の頃はあれもこれも欲しい物ばかり。
欲張ってたくさんの物に囲まれて身動き取れなくなっていました。。
30代になってようやく、少しずつそれを?がしていくことを覚え、昔よりは少し身軽になってきたのかな。
もっともっと削ぎ落して身軽になって、そして生みだしていく自分でいたいと思います。

今大切に思うのは豊かな時間や知識。
私にとってはそれは『手しごと』につながります。

先日、今年で3回目となるお醤油絞りをしてきました。
チームを作って2樽。一年弱、順番にお世話してきたもろみを、絞り師さんに来ていただいて絞る楽しみな一日。
朝から薪でお湯を沸かし、もろみをお湯でのばしてかき混ぜながら、ちょうどいい味になるまでのばして絞っていきます。
先生の仕事ぶりを見ながら学んでいく。ほんとうに贅沢な時間です。

お世話してきたもろみ。
今までで一番の香りの良さでした!
よろこびとブログ 手放してゆくこと

こんな「舟」で絞ります。
よろこびとブログ 手放してゆくこと

もろみを絞り袋に入れていきます。
よろこびとブログ 手放してゆくこと

絞りたての生醤油で食べるごはんは格別。
年が明けたら、今度は手前味噌の仕込みが待っています。

みなさま、良いお年をお迎えください!

よろこびと
(2016.12.29 朔)