横浜の寄席小屋

2015年01月05日

横浜の寄席小屋

あけましておめでとうございます。
本年もオンラインショップ「濱よせ」を御贔屓頂きたくお願い申し上げます。

今年最初のスタッフブログは横浜の寄席小屋についてお話させていただきます。
横浜にも素晴らしい寄席小屋があるのをご存知ですか?
それは野毛の町、JR桜木町駅と京浜急行電鉄日出町駅の間にある「横浜にぎわい座」です!
ここは初代館長が玉置宏さん、現館長は桂歌丸さんです。
毎月前半に落語寄席を開催されていて、落語やマジック、漫才など盛り沢山な構成で楽しめます。
またこの会場は、横浜では珍しく場内での飲食可能なんですよ。

私たちは年4回「馬生ハマ寄席」も開催しております。
この興行で、オンラインショップ『濱よせ』に出店の横浜の老舗で来場者様からも大人気の「美濃屋あられ」をホワイエで販売しています。

では、ここで少々落語についてお話しさせていただきます・・・
出囃子が鳴り、噺家が舞台袖から高座へ上がり、
ご挨拶と共に出囃子も静かにフェイドアウト…そこから会場は落語の世界へと入って行きます。
(出囃子は噺家さんによって違います。)
落語は本題に入る前の話に「まくら」(たわいもない世間話や本題に繋げていくお話し。)があります。
これはお客様を引き付け会場の空気を温めるためにとても大切なものなのです。

噺家さんは、お客様と高座の距離間を大切にしていて、お話しの間の取り方がとっても素晴らしいんです。
一人で何人もの人を演じる訳ですからそれはそれは難しいですよね!
そのため間と小道具の扇子や手ぬぐいを使ってうま~く演じていくのです。
ベテランの落語は、呼吸をするようにすーっと入り自然に話の中へ導いてくれます。

大物俳優の方でも落語を観て勉強すると聞いたことがあります。
とにかく、直に観てその素晴らしい空気間を体感してほしいです。

落語は、江戸時代から語り継がれている古典芸能!これは日本の宝物の一つだと思います。
ぜひ一度お運びくださいませ。