白いご飯といろいろなご飯

2014年11月30日

かき飯

 蓋の重い大きな釜を竃にかけて薪で炊いたご飯にかなう食べ物はありません。炊きたてのご飯それだけを頂いても至福の味です。今は伝統的な炊き方の良さを導入した炊飯器が沢山あります。ブランド米に拘らずともそれなりに美味しく頂けます。このご飯にだしが効いて具沢山のみそ汁、煮豆・打ち豆・納豆や豆腐・油揚等の伝統的な大豆加工品、鰯の丸干しか鯵の干物、それに糠漬の和風の朝食は最高です。

 手に塩をつけて外はしっかり、中はふんわりと握ったおにぎり、手塩に掛けると言うようにこれは懐かしいおふくろの味です。豊でなかった昔は、中に梅干が入っている場合が多かったです。今は贅沢になって多彩な具が入るようになりました。機械で握ったおむすびが店頭に並んでおります。海苔が湿気ない工夫は秀逸です。寿司のご飯を握る機械やおむすびをふんわりと握る機械は日本人の発明です。回転寿司のお皿が廻る機械とともに世界に誇るべき大発明の一つだと思います。

 家内と二人で金沢区の八景島海の公園に季節限定で特設された「かき小屋」に行ってみました。平日でも繁盛しておりました。焼牡蠣に牡蠣汁、きのこのバター焼き、香の物とパックに入った「かき飯」も食べました。小春日和のお天気にも恵まれ幸せなお昼でした。白いご飯だけではなく、この国には春は「筍ご飯」、秋には「栗ご飯」など四季の変化を映した旬の食材を炊き込んだ乙な食べ物があります。「鯛飯」とか「鶏めし」とか各地の名産品を炊き込んだご飯の種類も豊富です。

 「親子丼」、「かつ丼」、「鉄火丼」、「海鮮丼」、「うな丼」、「天津丼」などと丼物の種類も多彩でどんどん新種が増えております。お寿司も「にぎり寿司」(江戸前寿司)で代表される生鮮魚介類と酢飯の「早鮨」と、魚介類をご飯と塩で乳酸発酵させた「なれ鮨」、さらに「巻寿司」、「稲荷寿司」、「ちらし寿司」、「押し寿司」などなどこれも種類が豊富です。海外でも「SUSHI」が喜ばれており、カリフォルニア・ロールなどとどんどん新種が増えています。ご飯のレシピーは無限です。いろんなご飯を食べて豊かな食生活を楽しみたいと思います。

食と健康のコンサルタント 渡邉 憲一